みのわ祭り懇親会

みのわ祭り3地区合同懇親会7月27日…ながた荘にて

出席者
東京箕輪会、中京箕輪会、静岡庄内地区箕輪交流協会
東京都豊島区議会、箕輪町長、箕輪まつり実行委員会

b0177596_19195647.jpg

b0177596_19203521.jpg

b0177596_1921799.jpg

b0177596_19211587.jpg

b0177596_19215715.jpg

b0177596_19222130.jpg

b0177596_19231096.jpg

b0177596_19233938.jpg

[PR]

# by ja0hle | 2013-07-28 19:17 | 中京箕輪会 | Comments(0)

みのわ祭り

みのわ祭り



箕輪町の町民夏祭り「みのわ祭り」が27日、同町の国道153号バイパス沿いの松島日の出工専地区一帯で行われた。25回目の節目の祭り。町民が家族や仲間同士で繰り出し、夏の暑さを吹き飛ばす熱気に包まれた。

 祭りのメーンとなる踊りは午後4時前から。学校や職場、気の合う仲間らでつくる16の踊り連合わせて約850人が、そろいの法被やTシャツなど思い思いの衣装で踊った。今年は踊り曲の「箕輪ワクワクソング」を歌っている歌手の山口瑠美さんが来訪し、踊り連が生歌に乗って踊る場面も。にぎやかな祭り模様を展開した。

 会場内では祭り開始の午後から、チーム同士が水鉄砲を打ち合って戦う新企画「ウオーターファイター」や、町内のグループがダンスや音楽を披露するステージ発表、子ども向けの広場などがあったほか、祭りにつきものの遊びや食べ物の出店も並び、楽しい夏祭りの雰囲気を盛り上げていた。 (長野日報から)



7月27日
b0177596_19161750.jpg

b0177596_19171319.jpg

b0177596_19173627.jpg

[PR]

# by ja0hle | 2013-07-28 19:14 | 中京箕輪会 | Comments(0)

みのわ祭り

7月27日 長野県箕輪町  みのわ祭り開催

宮下一郎氏 あいさつ
b0177596_1741387.jpg

[PR]

# by ja0hle | 2013-07-28 17:42 | 中京箕輪会 | Comments(0)

セーフコミュニティ啓発のぼり旗 完成

セーフコミュニティ啓発のぼり旗 完成
b0177596_1711298.jpg






セーフコミュニティ啓発のぼり旗 完成
(2013/7/26放送)

 箕輪町と各種団体でつくるセーフコミュニティ推進協議会は、安全安心なまちづくりの推進に役立てようと、セーフコミュニティ啓発のぼり旗を制作しました。

 のぼり旗は、青を基調としたデザインでセーフコミュニティ認証マークが使用されています。

 サイズは縦150センチ、横45センチで、50本作りました。

 中箕輪、東箕輪、福与、三日町、中曽根の5地区を5色の輪でイメージしています。

 町では、旗を町内に設置し普及啓発と認知度の向上に努める他、今後はたて看板を制作し町内外にアピールしていきたい考えです。

 のぼり旗は、来月5日に各公民館や文化施設に配られるということです。
[PR]

# by ja0hle | 2013-07-28 17:12 | 中京箕輪会 | Comments(0)

中箕輪尋常高等小学校(現箕輪町箕輪中学校)遭難から100年

「聖職の碑」中ア遭難から100年 遺族ら記念碑に合掌
2013/07/25 10:06
 1913(大正2)年8月に起き、諏訪市出身の作家新田次郎の小説「聖職の碑(いしぶみ)」で知られる中央アルプス駒ケ岳(2956メートル)遭難から100年となるのを前に、上伊那郡箕輪町の遺族らでつくる「偲岳(しがく)会」は23、24日、慰霊登山をした。悪天下、会員ら14人が将棊頭(しょうぎがしら)山(2730メートル)近くの遭難記念碑を訪ね、手を合わせた。

 100周年記念事業と位置付けて一般参加を募り、8人が応じた。23日朝、ロープウエーで標高約2600メートルの千畳敷へ。記念事業実行委員長で、慰霊登山に長年参加している同町の東城興一(おきかず)さん(79)が「こんなに天気が悪いのは初めて」と言うほど風が強く、霧も濃い中を歩き始めた。

 休憩を重ね、約5時間かけて記念碑に到着。花や線香、飲み物を手向けた。諏訪市の小島勝人さん(74)は箕輪町出身。中学時代に学校登山で、20代のころにも仲間と記念碑を訪れたという。「50年前と比べて碑の文字がだいぶ風化した。碑の前に立つと込み上げるものがある」と話した。

 13年の遭難は、中箕輪尋常高等小学校(現箕輪町箕輪中学校)の生徒や教員ら37人が8月26日、駒ケ岳登山に出発。暴風雨に遭い11人が亡くなった。偲岳会は、遺族や生還者が81(昭和56)年につくった慰霊の会が前身。現在はその子どもの世代が運営するが、高齢化が進んで今回登った会員5人のうち4人は70代だった。

 23日は山小屋に泊まり、24日に下山。会員で箕輪町の原一門さん(77)は「登山が年々きつくなってきている。来年は来られるか心配」と話していた。
[PR]

# by ja0hle | 2013-07-25 20:37 | Comments(0)
line

中京箕輪会


by 中京箕輪会事務局
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30