人気ブログランキング |

<   2014年 05月 ( 42 )   > この月の画像一覧


箕輪町の町内巡回バス「みのちゃんバス」

みのちゃんバス 中学生登下校新ルート案

箕輪町の町内巡回バス「みのちゃんバス」の路線に、中学生の登下校にあわせた2つのコースなどを新たに追加する素案が30日示されました。
この日は役場で箕輪町地域公共交通会議が開かれ町からみのちゃんバスの路線やダイヤ見直しの素案が示されました。
それによりますと中学生の登下校に利用できるよう新たに2つのコースが新設されます。
さらに、部活を行う生徒とそうでない生徒の登下校時間に合わせたダイヤに変更される計画です。
また平成16年に導入しこれまで使用していた2台の車両が老朽化している事から新たな車両に更新する事が承認されました。
29人乗りの新しい車両は段差の無いノンステップバスで価格は1台あたり約2,100万円です。
平澤豊満町長は「高齢者や買い物弱者、中学生に最大限配慮した運行を考えてほしい」と話していました。
委員からは、停留所での安全対策や伊那中央病院へ行くコースを増やしてほしい等の意見や要望が出されていました。
この日示された素案については、一般や中学生、長寿クラブから意見を聞き7月の会議で正式決定し10月からの運行に反映させる計画です。

2014年4月30日(水曜日)
b0177596_1981332.png


by ja0hle | 2014-05-03 19:09 | 中京箕輪会 | Comments(0)

箕輪町地域おこし協力隊 任命

箕輪町地域おこし協力隊 任命

 箕輪町は今年度から新たに「地域おこし協力隊」を設置します。
 5月1日は任命式が、箕輪町役場で行われ、東京から移住してきた、橋本浩基さんが任命されました。

 任命されたのは、東京都出身で、東京都認定「環境学習リーダー」や「自然観察指導員」などの資格を持ち、小中学校などで環境学習講師を務める橋本浩基さん50歳です。
 既に橋本さんは住民票を箕輪町に移していて、農産物直売所、「にこりこ」などの経営やグリーンツーリズム事業などで活動していくということです。

 箕輪町地域おこし協力隊は、都市から町内に移住ができ、新たな視点・発想で町の魅力を伝え、地域活性化や農業振興を図るため箕輪町が募集したものです。

 協力隊には2月に8人の応募があり、3月に選考して、橋本さんを含む3人が選ばれました。
 橋本さんは、去年8月に東京都江戸川区などの有志が行った「江戸川ワイルドキャンプin箕輪」でスタッフとして初めて箕輪町を訪れました。
 この時から、箕輪町の自然の素晴らしさに魅了されたということです。

 任期は来年3月末までで、最長3年間延長することができます。
 選ばれた残り2人については、6月と8月にそれぞれ任命を受けることになっています。

b0177596_1963061.png

2014年5月1日(木曜日)

by ja0hle | 2014-05-03 19:06 | 中京箕輪会 | Comments(0)
line

中京箕輪会


by 中京箕輪会事務局
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31