人気ブログランキング |

2014年 09月 05日 ( 1 )


箕輪町長選 新人の白鳥氏が立候補表明

箕輪町長選 新人の白鳥氏が立候補表明
更新:2014-9-4 6:00
b0177596_1914980.gif

 11月11日告示、同16日投開票の箕輪町長選に出馬の意向を示していた新人で元県松本地方事務所長の白鳥政徳氏(60)=無所属、福与=は3日、同町松島の後援会事務所で会見し、「34年5カ月の県行政の経験を今後の町づくりに生かしたい」と正式に立候補を表明した。併せて「活力あふれるふるさと箕輪に貢献する」「まちづくりを担う地域人材を育成する」など政策実現に向けた「七つの約束」を発表した。

 白鳥氏は「もともと定年退職後は町に戻り、何か地元に貢献したいと考えていた。その中で行政経験を生かそうと今年7月後半に具体的に(出馬を)考えるようになった」と説明。対話や現場主義、町民参加と協働をモットーに「さらに力強い箕輪町を全力で創造したい」とした。

 町民参加や対話については「政策研究会など今後の町を展望する場の創設を考えている」とし、ホームページの開設でさまざまな提案を受けていく意向も示した。

 また、政策実現に向けた七つの約束のうち、少子・高齢化や人口減少社会への対応については「結婚や子育て、若年層の雇用、空き家など多方面から行政として支援できる方策を見いだしたい」との考え。住民満足度の高い行政運営の推進では、「大きな柱として町の丸ごとブランド化を目指し、県外や世界に箕輪の名を発信できる仕組みを構築したい」とした。

 白鳥氏は伊那北高校、中央大学法学部を卒業。県立病院機構本部事務局長などを経て、13年4月から松本地方事務所長を務め、今年8月31日付で退職した。

by ja0hle | 2014-09-05 19:01 | 中京箕輪会 | Comments(0)
line

中京箕輪会


by 中京箕輪会事務局
line
カレンダー