世界選手権国内予選会が22日箕輪町で開かれました。

愛犬と息の合ったパフォーマンス

フライングディスクを使って人と犬のパフォーマンス技術を競うディスクドッグの世界選手権国内予選会が22日箕輪町で開かれました。

競技は、人と犬が一組になり、フライングディスクを使って、パフォーマンスやキャッチする技術を競います。
国内で14回の予選を行い、10位以内に入ると6月に千葉県で開かれる日本一決定戦への参加資格を得られます。
今回の箕輪町で初めて開かれたこの大会もその予選会の一つで、2つの部門に関東や関西、中京から80チームがエントリーしました。
参加者たちは、愛犬と息の合ったパフォーマンスを繰り広げていました。
参加者の1人、千葉県の高島茂さんと犬のホッパーは、去年の世界チャンピオンで、出場者の注目を集めていました。
6月に決まる日本チャンピオンは、9月にアメリカシカゴで開かれる世界大会に出場します。




放送日:2018年4月26日(木曜日)

[PR]

by ja0hle | 2018-05-04 09:39 | 中京箕輪会 | Comments(0)
line

中京箕輪会


by 中京箕輪会事務局
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31