箕輪町総合教育会議が文化センター

2回目の箕輪町総合教育会議が文化センターで開かれました。

今回は、ふるさと箕輪学の取り組みや小学校の英語学習への準備状況が協議されました。

子どもたちに箕輪町を今まで以上に知ってもらい、ふるさとへの愛着や誇りを持って欲しいと始まった「ふるさと箕輪学」も2年目に入りました。

一連の流れとして、中2生に対する町長講話、中学生議会、各クラスによる実践活動、ふきはら祭での発表と、いくつかの取り組みは生徒の皆さんに町の状況を学習することで大きな刺激になったものと思います。

教育委員さんから「生徒の提案を真摯に受け止め、たとえ課題があってもできるだけ実現するように。そうすることで我々の提案を町が取り上げてくれたという自信と町に対する信頼になる。」との発言は、胸に刺さりました。

若者の提案をいかに本気に聞くかは我々の姿勢そのものかもしれません。


小学校の英語活動についても目下の最大の課題の一つです。

町では、新学習指導要領の移行期間となる30年度からの対応について、5、6年生は年間70時間、3、4年生は35時間として新要領どおりに、1、2年生は現行の25時間とすることが報告されました。

各学校では、授業時間の確保が大変のことと。

町では、今まで先行的な取り組みを行ってきた分野ですので、更に一歩先を行く覚悟で取り組んでもらいたいと思っています。

他の市町村と同様であれば単独事業を実施するわけにはいかなくなりますから。


[PR]

by ja0hle | 2018-02-10 08:41 | 中京箕輪会 | Comments(0)
line

中京箕輪会


by 中京箕輪会事務局
line
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31