箕輪町松島出身で現在、アメリカニューヨーク在住の俳人、月野(つきの)ぽぽなさん

月野ぽぽなさん角川賞を受賞

箕輪町松島出身で現在、アメリカニューヨーク在住の俳人、月野(つきの)ぽぽなさんが俳句界の芥川賞ともいわれる「角川俳句賞」を受賞しました。
30日は、月野さんが箕輪町役場を訪れ、白鳥政徳町長に受賞を報告しました。
月野さんが受賞した作品は、「人のかたち」と題した50句です。
月野さんは、信州大学教育学部を卒業後、県内の小中学校の教員を経て、ピアニストの夫とともに渡米しました。
インターネットで俳句の世界を知り、2002年から俳句づくりを始め2004年に俳人金子兜太さん主宰の俳人結社「海程」の会員となりました。
角川俳句賞は1955年に創設され、未発表の50句を対象とする公募による俳句の新人賞です。
また、俳句界の芥川賞ともいわれ、俳人の登竜門としても知られています。
句歴15年の月野さんは、毎年応募していて10回目にして初めての受賞となりました。
月野さんは、「感謝の気持ちを忘れず今後も創作活動を続けていきたい」と話していました。





放送日:2018年1月31日(水曜日)

[PR]

by ja0hle | 2018-02-01 09:15 | 中京箕輪会 | Comments(0)
line

中京箕輪会


by 中京箕輪会事務局
line
カレンダー