箕輪町木下の住民有志でつくる木下山車飾保存会

13日、箕輪町木下の住民有志でつくる木下山車飾保存会は、昨年11月から制作してきた山車飾りを箕輪南宮神社に奉納しました。

木下の山車飾りは、町無形民俗文化財。

南宮神社の初祭りの大イベント。

クイズもあって、皆さん楽しみにやってきます。

今年も、箕輪南宮神社の境内には、5つの山車飾りが奉納されました。
毎年、新しいものに挑戦するため、題目選び、テーマ作りが大変ということです。

例年、戦国時代もの、戦のシーンが多かったのですが、今年は、時代の転換点を意識したということです。

社務所前の一番大きな舞台は「桜田門外の変」です。
江戸時代の1858年、大老の井伊直弼が水戸浪士らに暗殺される場面です。
人形を10体使った力作です。

こちらは、「黒船来航」です。

ペリーがやって来た。

1853年、開国を求めるペリーを眺める江戸湾岸の人々です。

伝統を守る小学生の「スマイルクラブ」による「桃太郎」。

桃太郎は、犬と猿とキジを連れて鬼ヶ島へ向かいます。

「源氏物語」の世界が再現されています。

蛍の光、良く分かりませんでした。

戌年です。駅前に奉納です。

光前寺の早太郎がヒヒに襲い掛かっています。

戌年にちなんだ「犬のおまわりさん」も飾られています。

前後に動き目が光る仕掛けが面白い。

箕輪町の安全安心を守ってくれるお巡りさんに感謝です。

今年も頑張ってください。

鑑賞会後の直会では、保存会の遠藤会長、岡前会長から山車飾りを守り伝えてきた歴史についてお話がありました。

現在では、後継者の育成が必要ということです。

寒い中、毎年山車をつくる作業は大変かと。頭が下がる思いです。

南宮神社の初祭りに賑わいを取り戻そうと門松の周りを竹細工でライトアップする演出がありました。

幻想的な雰囲気が醸し出されたとのことです。





今年の世相や農作物の作況を占う「御筒粥神事」では、世の中、世相は、6分9厘と昨年より低いということです。

皆さんに気をつけてもらい、いい一年になれば。


[PR]

by ja0hle | 2018-01-19 19:16 | 中京箕輪会 | Comments(0)
line

中京箕輪会


by 中京箕輪会事務局
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30