箕輪町は、「駅伝の町」になりました。

第66回長野県縦断駅伝競走  上伊那チーム 堂々の4連覇。

第65回上伊那縦断駅伝競走  箕輪町チーム6分差で圧勝。

2週続いた駅伝大会で、箕輪町出身メンバーが大活躍でした。

先週、参加選手7人が役場へ報告に来てくれました。

(前列左から、中村柚音さん、山川拓馬さん、私、久保田祐梨さん、

後列は、左から、原広野さん、上原雄大さん、荻原英雄さん、渕井大樹さんです。)

県縦断駅伝には、箕輪町から9人登録、7人がメンバー入りの快挙でした。

レースは、一日目、序盤の出遅れが響き、原広野選手の区間賞などで追い上げ4分差の3位。

二日目は、中村柚音選手の区間賞でスタート、箕輪町勢が全員区間賞で逆転優勝となりました。

さすが、伝統の上伊那の強さ、面目躍如。

責任を果たしたと、原広野主将に涙が光ります。

参加選手の皆さんです。

 5区 唐澤 七瀬(長岡)   (長野東高校)

 6区 日野 志朗(上古田) (神奈川大学)

10区 原   広野(松島)  (箕輪町役場)

13区 中村 柚音(松島)  (箕輪中学校)

15区 上原 雄大(沢)    (サン工業㈱)

20区 山川 拓馬(大出)  (箕輪中学校)

22区 萩原 英雄(木下)  (岡谷酸素㈱)

補欠  中谷  楓(大出)  (佐久長聖高校)

補欠  中林 樹里(長岡)  (箕輪中学校)

また、上伊那縦断駅伝競走は、6区間中4区間で箕輪町勢が区間1位を占め、2位の駒ヶ根市に6分近い大差で圧勝でした。

他市町村が舌を巻く箕輪町の強さです。

今年は、駒ケ根市を寄せ付けませんでした。

箕輪町からは、オープン参加ながら他に2チームが参加。

中学生のみのチームが総合4位相当の成績で、選手層の厚さを見せつけました。

参加選手です。

1区 上原 雄大(沢)       (サン工業㈱)

2区 久保田 祐梨(北小河内)(上伊那農業高校)

3区 原 広野(松島)      (箕輪町役場)

4区 山川 拓馬(大出)     (箕輪中学校)

5区 渕井 大樹(南小河内)  (上伊那農業高校) 

6区 萩原 英雄(木下)     (岡谷酸素㈱)

今年は、春の市町村対抗でも町の部第1位。

総合でも、優勝、メダルを狙える位置にあります。

中学生も男女とも好成績。

優勝を逃したのは残念。

男子は、北信越大会で2位に。素晴らしい成績。

来年の県中に期待です。

こうして見てくると、

箕輪町は、「駅伝の町」になりました。

今シーズンは終了。

来年へ、更なる頑張りに期待が高まります。


[PR]

by ja0hle | 2017-12-23 10:43 | 中京箕輪会 | Comments(0)
line

中京箕輪会


by 中京箕輪会事務局
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30