長野県、は前回、男女ともトップだったが、男性は81・75歳で2位に順位を下げました。

13日、厚生労働省が「2015年都道府県生命表」を発表しました。

出生や死亡の統計データ、国勢調査などを基に5年ごとに作成するもので今回が11回目。

平均寿命が最も長い都道府県は、男性が滋賀の81・78歳、女性は長野の87・675歳。

長野県、は前回、男女ともトップだったが、男性は81・75歳で2位に順位を下げました。

最下位は男女とも青森(男性78・67歳、女性85・93歳)。

前回の10年に比べ、男女とも全都道府県で平均寿命が延びた結果に。

新聞報道の中に、厚労省の担当者が都道府県ごとの差異について次のように説明したとのこと。

「食生活など生活習慣の違いが反映している。滋賀は喫煙率が低く、食塩摂取量が少ないことも要因として考えられる」と説明。

また、他紙では、「上位の都道府県は糖尿病での死亡割合が低かったり喫煙者が少なかったりといった特徴があり、下位では食塩摂取量の多さや歩行数の少なさなどが見受けられる」と分析。

まずは、長野県の状況から。

産経新聞(長野版)が、よく説明をしてありました。

長野県が「長寿日本一」をアピールする際に掲げていた厚生労働省の「都道府県別生命表」の平成27年分が13日、発表され、前回22年の生命表で男女ともに1位だった長野は、男性が2位に順位を落とした。ただ、平均寿命は男女とも前回より延びており、県健康福祉部は「大切なのは順位ではない。健康長寿を引き上げることが大切だ」と話している。

 27年の生命表によると、長野の男性の平均寿命は81・75歳で前回比で0・87歳延ばした。一方で前回2位の滋賀は1・2歳延ばして81・78歳となり、順位が逆転した。

 女性は、前回より0・49歳延ばして81・67歳でトップを維持。しかし、2位の岡山との差は、わずか0・002歳だった。

 長野県はこれまで、長寿の原因として、高齢者の高い就業率や野菜摂取量の多さのほか、健康づくり県民運動「信州ACE(エース)プロジェクト」などが成果をあげたと説明してきた。同部は今回の結果を受け、長寿を促す取り組みを一段と強化したいとしている。

 都道府県別の平均寿命を記した生命表は、5年ごとに発表されるため、県はこれを積極的にアピール。

テレビの健康番組でも盛んに引用され、長野の「長寿日本一」は全国的に定着していた。

平均寿命の推移を長野県、沖縄県、青森県の3県で見ると、長野県が順位を維持していることがわかります。(尤も、今回2位に下がりましたが)

沖縄県の順位が凋落しているのがわかります。

沖縄タイムスの社説を参考に❢

青森のことは、いずれ。

●沖縄タイムス 社説 29.12.16

 出生や死亡の統計データを基に5年ごとに作成される都道府県別平均寿命で、沖縄は男女とも順位を下げた。女性7位、男性36位は共に過去最低だ。

 1980年と85年、沖縄の男女は平均寿命全国1位だった。男性の順位が急落した2000年の「26ショック」から15年、順位が下がり続ける理由を県や医療関係者は、20~64歳の死亡率の高さにあると指摘する。厚労省の「年齢調整死亡率」によると、20~64歳の男性死亡率は今年、全国平均より50ポイント高く、女性も23ポイント高くなった。

 中でも20~64歳の沖縄女性は深刻だ。同世代の死亡率は全国的に低下傾向なのに、沖縄女性は悪化している。順位低下を受け医療関係者が異口同音に「もっと順位を下げると思った」と胸をなで下ろした背景には、中年女性の急激な健康悪化がある。

 沖縄女性の死亡率は、35~39歳と40~44歳で全国ワースト。55~59歳44位で、60~64歳45位だった。主な死亡原因は、子宮がんと肝疾患、慢性閉塞(へいそく)性肺疾患、糖尿病となっている。

 男性は35~39歳で全国ワースト。50~54歳46位、40~44歳、45~49歳、55~59歳、60~64歳で45位だ。多い死亡原因は肝疾患、大腸がん、慢性閉塞性肺疾患、自殺である。

 これら35~64歳の男女に共通する死因は肺と肝臓の疾患で、病名からは喫煙や酒量が引き金になっていることが分かる。沖縄に蔓延(まんえん)する夜型社会が、男性のみならず、子育て・働き盛り世代の女性の健康をもむしばんでいる可能性がある。

 県は「健康長寿おきなわ復活県民会議」の中で、(1)健康診断の受診率アップ(2)肥満の解消(3)適正飲酒-の3本柱を挙げるが、目標達成には各項目の詳細な分析が必要だ。

 例えば、特定健診の受診率は、全国42・6%に対し、沖縄は41・9%と若干低い程度にとどまる。だが健診を実施する団体別では、国保34・4%に対し、健康保険協会45・8%、共済健保55・8%と開きがある。会社員や公務員の受診率が高いのに比べ、自営業や零細事業所就業者の受診率が低い。加えて県内は、健診で再検査が必要となった人の精密検査の受診率も低いという。

 肥満は、県民所得の低さが関与しているのではないか。米国では近年、低所得世帯ほどファストフードなどの高脂肪・高カロリーの食事を取りがちで、肥満に陥るとの調査研究が報告されている。

 過去を見ると、沖縄の20~64歳死亡率は男女とも1970年後半から全国を上回る好転を見せてきた。米軍統治下の感染症対策と、復帰後の経済復興による栄養状況の改善が、当時の現役世代の健康を支えたとみられる。一方で、同死亡率は90年代に入り悪化している。戦前世代には有効だった欧米化や近代化が、戦後世代に影を落としている可能性がある。

 社会政策は健康寿命を左右する。長寿県復活には、個人の資質や努力にとどまらず、社会全体の健やかさを追求する姿勢が必要だ。

(参考)

*生命表とは、ある人口集団の死亡状況が今後変化しないと仮定したときに、各年齢の者が死亡する確率や平均してあと何年生きられるかという期待値などを死亡率や平均余命などの指標(生命関数)によって表わしたもの。平均寿命は、ある人口集団の全ての年齢の死亡状況を集約したもので、保健福祉水準を総合的に示す指標として広く活用されている。

都道府県生命表は、死亡状況を都道府県単位で比較分析するために不可欠なものになっている。

●都道府県別の平均寿命が発表され、長野県は、女性が全国1位、男性が全国2位になりました。長野県健康福祉部 プレスリリース(29.12.13)

http://www.pref.nagano.lg.jp/kenko-fukushi/happyou/documents/171213press.pdf


[PR]

by ja0hle | 2017-12-23 10:38 | 中京箕輪会 | Comments(0)
line

中京箕輪会


by 中京箕輪会事務局
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30