人気ブログランキング |

台風11号、県内農業被害9000万円 果実落下やハウス被害

台風11号、県内農業被害9000万円 果実落下やハウス被害
08月12日(火)
b0177596_17233632.gif

台風11号の強風で落ちたナシを片付ける小口さん=11日、塩尻市広丘郷原
 県農政部は11日、長野県内に10日に最接近した台風11号の強風による農業被害が12市町村で計9093万円になったと発表した。強風で果実が落ちたほか、野菜や農業用パイプハウスにも被害があった。

 市町村別で最も被害額が大きかったのは下高井郡山ノ内町の4400万円で、収穫時期のスモモや桃が落ちた。ほかに果実が落ちた中野市が2085万円、塩尻市が598万円で続いた。岳南広域消防本部(中野市江部)によると、10日午後7時40分に最大瞬間風速23・9メートルを観測した。

 被害額のうち果樹が8408万円だった。山ノ内町の志賀高原農協によると、同町ではスモモの被害が最も大きかった。関知明組合長は「強風で収穫間近だった実が落ちてしまった」と落胆する。塩尻市広丘郷原の小口盛夫さん(74)の果樹園ではナシが3割ほど落果したほか、ネクタリンの実が落ちたり枝が折れたりする被害が出た。小口さんは「昨年も凍害でナシは全滅した。これからも台風などの被害がありそうで心配だ」と話した。

 野菜は、岡谷市や諏訪郡富士見町でスイートコーンが根元から折れるなどして被害額が447万円。南佐久郡南牧村では、農業用ハウス6棟のパイプが風圧で変形し、237万円の生産施設被害が出た。
b0177596_17231684.jpg


by ja0hle | 2014-08-13 17:23 | 中京箕輪会 | Comments(0)
line

中京箕輪会


by 中京箕輪会事務局
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31