人気ブログランキング |

箕輪町富田の安藤国男さん

農閑期を利用してむしろ作り

箕輪町富田の安藤国男さんは農閑期を利用して、わらで編んだ敷物、むしろを作っています。

安藤さんは、子どもの頃父親からわら細工を教わり、今でも草履やわらじ、暮れになるとしめ飾りなどを作っています。

むしろは、10年ぶりにもう一度作ってみようと始めたもので、昔の道具を使い新たにむし織機をつくりました

なった縄を何重にも巻きつけ、横からわらを通し、はたおりと同じ方法で織っていきます。


完成したむしろは秋に、そばの実やまめなどの天日干しで使うということです。

安藤さんは、「むしろは水分を吸収するので使い勝手が良い」と話していました。

むしろ作りは、3月いっぱい行われます。


放送日:2014年3月4日(火曜日)
b0177596_1021367.jpg


by ja0hle | 2014-03-09 10:21 | 中京箕輪会 | Comments(0)
line

中京箕輪会


by 中京箕輪会事務局
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31