中箕輪尋常高等小学校(現箕輪中部小学校・箕輪中学校)の中央アルプス駒ケ岳の集団遭難から100年

社会 : 「駒ケ岳遭難」忘れない 伊那で100周年企画展

更新:2013-8-22 6:00


 中箕輪尋常高等小学校(現箕輪中部小学校・箕輪中学校)の中央アルプス駒ケ岳の集団遭難から100年がたつのを記念して、上伊那教育会(中村功会長)は21日から企画展を伊那市のいなっせ4階の上伊那教育会ギャラリーで始めた。遭難現場図や生存者の手記、当時の新聞記事など約30点の資料を並べ、1913年8月26日の遭難事故を振り返っている。

 遭難事故は、登山修学旅行として駒ケ岳に向かった同校の生徒と教師ら37人が暴風雨に遭い、11人の命が奪われた。翌年に遭難記念碑を建立している上伊那教育会は、100年の節目を迎え、悲劇を繰り返さない決意を新たにするとともに、貴重な体験となる学校登山のあり方を考える機会にしようと企画展を開いた。

 会場では、遭難の経過や現場の図、登山隊の名簿、消息を記載したパネルを展示。日程や服装、持ち物、注意点などが書かれた登山計画案「駒ケ嶽登山修学旅行按」、生存者が山頂での様子を描いた絵と手記なども並んだ。当時の一般的な登山の服装と携行品、事故から学校登山再開に至るまでの経緯も紹介している。

 上伊那教育会では「悲劇の遭難が現在の学校登山に教訓となって生きている。遭難事故の事実や背景を知ってもらい、自然への畏敬の念を持ち、自然と共存する大切さを感じてほしい」と話している。

 9月9日まで。問い合わせは同教育会事務局(電話0265・72・3416)へ。

[PR]

by ja0hle | 2013-08-23 07:54 | 中京箕輪会 | Comments(0)
line

中京箕輪会


by 中京箕輪会事務局
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30