<   2016年 05月 ( 9 )   > この月の画像一覧


箕輪町でも、樹種転換の手法が検討されています

安曇野市明科 松枯れ被害 樹種転換から4年が立ちました。 
2016-05-19 06:00:07NEW !
テーマ:できごと
b0177596_20175851.jpg

松くい虫による被害が一部地域を除き県下全体に広がりを見せています。
箕輪町も被害の最先端地域のひとつです。

中信地区の安曇野市明科押野山も猛烈な被害地区です。
ここ安曇野市は、県下でもいち早く、伐倒処理をしつつも、多角的被害対策に取り組んだ地域です。ヘリによる薬剤散布、伐倒処理をする箇所、樹種転換(更新伐)する地域、個別の松を樹間注入により守っていくなど、様々な手法で松くい虫を退治していきます。

そんな中で、明科地区は、県下でもいち早く樹種転換を取り入れた地域です。
久しぶりに現地を見てきました。

山の下は、それぞれ集落があります。
右から左へ犀川が流れていきます。
株は、伐採したところです。
伐採した箇所ですが、4年が立ち広葉樹が成長しています。
更新伐個所から2キロほど北部です。遠くの松林は軒並み枯れています。

私どもの箕輪町でも、樹種転換の手法が検討されています。
平地林、里山は個人所有林ですので、皆さんのご意見をいただきながら進めていくことになります。他の先進地などを検討の上、意見集約をしていくことになります。

(参考)

樹種転換事業を拡大へ 中信地方で急増する松くい虫被害
                                (2015年10月30日 中日新聞)

 中信地方の松くい虫被害が急激に拡大している。県松本地方事務所(松本市)によると、本年度のアカマツ被害は初めて二万立方メー トルを超え、過去最大量になる見通し。被害拡大のスピードに対策が追いつかない中、安曇野、松本両市は、被害林のアカマツを伐採してナラやクリ、クヌギな どの広葉樹林に換える樹種転換事業に取り組み、一定の成果を上げており、さらに実施エリアの拡大を目指す方針だ。
 同地方事務所の丸山勝規林務課長によると、中信地域で被害が確認されたのは二〇〇〇年度。しばらくは数百立方メートルで推移したが、〇七年度に約千八百立方メートルに増加し、一二年に一万立方メートルを突破。
 一三年度は約一万九千立方メートルに急増し、一四年度は二万立方メートルに迫った。本年度も増加傾向で、このままだと二万立方メートルを超える見通しだ。被害の四分の三は安曇野、松本両市という。
 この間、県や関係市町村は、ヘリコプターによる薬剤の空中散布や伐倒駆除に努めてきたが、被害の増加に歯止めがかからない。被害が著しい「激害地」が拡 大する中で、抜本的な対策として浮上したのが山林の樹種転換だ。マツタケ山など他樹種への転換が困難な森林は除外された。
 安曇野市は、激害地だった同市明科の押野山(約百五十ヘクタール)で、一二年度から樹種転換事業を続けている。国と県の補助金(事業費の70%)を活用。市が事業主体になり、残る30%を負担した。被害林を抱える山林所有者の負担がないのが、同事業推進の原動力になった。
 対象地域に設けた里山整備実施委員会(事務局・市耕地林務課)が山林所有者と協定を結び、伐採木の販売や売却益の活用など実務を取り仕切った。市はアカマツ伐採などについて山林所有者の同意を取り付け、同委と伐採木売却益の30%を市へ納入するなどの協定を結んだ。
 良質な伐採木は木材加工業者に、加工に適さないものはバイオマス発電業者などに、それぞれ売却するシステム。同市耕地林務課の丸山浩課長補佐は「これま では伐倒駆除などでお金は出ていくだけだったが、樹種転換事業では収入もあり将来の里山整備にも使える」と一定の成果に胸を張る。これまでに約百十ヘク タールの樹種転換が済み、一七年度には完了する見通しという。
 一方、松本市でも岡田地区の三カ所と会田地区で計百数十ヘクタールの樹種転換事業を進めている。事業主体は地元の協議会だが、国、県の補助に市独自の上乗せ補助をするのは安曇野市と同じだ。特に会田地区では激害地が広いため、事業成果が期待されている。
[PR]

by ja0hle | 2016-05-19 20:18 | 中京箕輪会 | Comments(0)

田植えが終わったばかりの田んぼが、夕日で黄金色に

黄金色の風景!
2016-05-15 23:52:19
テーマ:風景
b0177596_1934557.jpg

今日は雲が多めながら暑い1日で、半袖ポロシャツで過ごしました。
今年は衣替えまで早そうです。

お田植えが終わったばかりの田んぼが、夕日で黄金色に輝いていました。

谷間にあり、集落もないのどかな場所です(^^)/

詳しい場所はまた(^^ゞ
b0177596_19345385.jpg
b0177596_1935787.jpg

[PR]

by ja0hle | 2016-05-18 19:35 | 中京箕輪会 | Comments(0)

箕輪町国際交流協会の定期総会。


2016-05-18 01:32:29NEW !
テーマ:日常業務

家庭菜園レベルの我が家の畑でも、野菜が収穫できるようになりました♪

ほうれん草はもうじき終わりです。

トマトはまだ時間がかかりそうですね(^^ゞ

さて今週は毎晩会議が続きます。

今年24回目(24年目)を迎えた箕輪町国際交流協会の定期総会。
かつて箕輪町には多い時で2千人弱の外国人が暮らしていましたが、リーマンショック以後減り、現在は7百人弱ほどとなっています。


社会を明るくする運動・青少年健全育成推進大会の実行委員会。

保護司さんやPTAなど青少年健全育成団体のみなさんで、大会に向けての会議でした。

大会は7月2日(土)「明るい社会は、地域のチカラ」をスローガンに、今年は辰野町で開催されます。

そして今夜は男女共同参画の会議、明日は・・・、あさっては・・・
毎晩夕食が11時過ぎなので、ますます太ってしまいそうです(-_-;)
自家野菜を中心に食べて乗り切ろう・・・(^^ゞ
b0177596_193031.jpg

[PR]

by ja0hle | 2016-05-18 19:30 | 中京箕輪会 | Comments(0)

箕輪町 安全安心の日

箕輪町 安全安心の日
2016-05-14 06:13:33
テーマ:できごと
5月12日は、「箕輪町安全安心の日」です。

セーフコミュニティ国際認証を取得した記念の日でもあります。

今年も、平日の夕刻の開催でしたが、160人が参加、寸劇観賞とテーマごとに話し合いを行うワークショップをメインに「安全安心の日の集い2016」を行いました。

記念日ですので、著名人をお呼びして講演会などを行うのも良いのですが、認証取得から5年目を迎え、改めていくつもの課題について皆さんに考えてもらおうと、昨年に引き続きこんな形式の「集い」を行いました。
ワークショップの手法に慣れてきていることもあって、皆さん活発に意見が出され、深みのある議論が出来ていました。
参加された皆さんの中には、短時間の話し合いで、発言の機会が十分ではなく、やや消化不良の面もあったかと思いますが、「安全安心の日」にふさわしい議論が出来たと思います。

今年は、集いのオープニングを劇団メタボによる「田中さんありがとう」という寸劇からスタートしました。災害による避難所運営における女性の活躍、協働などへの気づきを劇に仕立ててくれました。
寸劇だけを見に来られたかたも多数いらっしゃいました。
相当練習したかと思いますが、笑いあり、うなずきありで好評でした。
今後、いろんなイベントで演じてほしいと思います。
集いの始まる前に推進機構の白石代表理事から首長インタビューがあり、2時間近くお話をしました。
セーフコミュニティをどのように評価して来たか。就任後、引き続き進めている理由は。課題は。地域や役場内部の反応は。体制は。議会はどのように考えているか。今後どう展開するか、などなど。また、後日、書かせてもらいます。

b0177596_19235460.jpg

[PR]

by ja0hle | 2016-05-18 19:23 | 中京箕輪会 | Comments(0)

箕輪町消防団の各分団単位の模擬火災訓練

消防団模擬火災訓練
2016-05-16 06:50:00
テーマ:できごと
毎年この時期行われる箕輪町消防団の各分団単位の模擬火災訓練が始まりました。
2週間に渡って訓練が行われます。本日は、第6分団です。

無量寺の駐車場を利用した訓練です。
無量寺の火災想定なんてばちあたりです(?)
実は、高低差が大きく、防火水槽から現場までの距離も長く、難易度の高い訓練と感じました。
厳しい場所を使っての訓練、さすがに伝統の第6分団です。


坂道でのホースにつなぎは中々大変です。

招集から放水ができるまで、15分くらいかかりました。
技術的なことはわかりませんが、団員の一生懸命の姿が伝わってきました。
東箕輪地区の安全安心を担っている団員の皆さんの精進を望みます。

私からは、これから始まる操法訓練への激励と、有事の際、訓練以上のことはできないものとして訓練に励んでほしい旨を申し上げました。

b0177596_19202592.jpg

[PR]

by ja0hle | 2016-05-18 19:20 | 中京箕輪会 | Comments(0)

箕輪町の旅行業トラビスジャパン

トラビスジャパン農家民泊7月にスタート

箕輪町の旅行業トラビスジャパンは、外国人や都会の人達を受け入れる農家民泊を7月にスタートさせます。
17日は、トラビスジャパンが箕輪町文化センターで農家民泊の説明会を開き、受け入れを考えている農家10軒に手続きなどを話しました。
トラビスジャパンには、ここ数年農家民泊を希望するアジアなどの観光客からの問い合わせが増えています。
箕輪町内には、受け入れ先がないため、現在、伊那市や飯田市の農家を紹介しています。
箕輪町内で対応できるようにしたいと今回、説明会を開きました。
今回、説明会に参加した箕輪町沢の大槻俊光さんです。
大槻さんは、6年ほど前、トラビスジャパンが行ったツアーで観光農園として協力しました。
大槻さんは、「収穫や袋づめ作業を体験してもらいたい」と話します。
3年前に農家民泊をスタートした伊那市では、観光協会が窓口となり農家民泊を行っていますが需要に追い付かないのが現状です。
箕輪町で本格的な農家民泊の受け入れを7月からスタートさせるトラビスジャパン。
30軒を目標に町内での受け入れ農家を確保するとともに、近隣の辰野町や南箕輪村でも受け入れ農家を募集していくということです。

b0177596_19163636.jpg



放送日:2016年5月17日(火曜日)
[PR]

by ja0hle | 2016-05-18 19:16 | 中京箕輪会 | Comments(0)

飯田線の活性化を❢

飯田線の活性化を❢
2016-05-05 06:16:55
テーマ:できごと
b0177596_179023.jpg

JR飯田線は、生活路線、大事な足です。

車社会にどっぷりつかっている私は、あまり使わないのですが、高校生にとっては生命線です。

今般、活性化期成同盟会で高校生の半数が不満を感じているというアンケートが報告されました。
アンケート結果は、別途、「長野日報」の記事をコピーしましたが、飯田線の活性化は大きな課題です。

11年後にリニア新幹線が開通すると、長野県駅から上伊那へは飯田線への乗り継ぎが一番です。

現状は、飯田線を生活路線として活用している多くは高校生ということになります。
もちろん、観光路線としての意味合いもあります。
伊那谷の豊かな自然、田園風景、そして秘境駅は抜群の存在感です。

伊那市や駒ヶ根市が活性化に向けていくつものイベントを組んでいます。
上伊那北部も少し頑張らねばと思っています。

20160327153210.jpg
「撮るしん」をコピーしました。
櫻井 英之さん 撮影日:2016年3月27日
場所:飯島町七久保、飯田線・伊那本郷~七久保間
中央アルプス・空木岳や南駒ヶ岳を背に、長閑に走り抜ける飯田線の列車です。



(長野日報 2016.4.29)

JR飯田線アンケート 高校生の半数「不満」

上 下伊那の高校に通う生徒のうち、半数余がJR飯田線に対し不満を感じていることが、同地方の自治体や経済団体などでつくるJR飯田線活性化期成同盟会が 行ったアンケート調査で分かった。改善要望として、運行本数の増加や通学時間帯の車両の増加を望む声が寄せられた。28日に伊那市役所で開いた総会で報告 した。
昨年度、両地域の各高校に協力を依頼し、2年生を対象に実施。3017人の回答を得た。
通学で飯田線を利用しているのは、「ときどき」の9%を含め61%。満足度については、「やや不満」45%、「不満」9%を合わせ、54%が不満と 回答。「まあまあ満足」は34%、「満足」は12%だった。不満と回答した理由は「本数が少ない」が最も多く、「乗りたい時間に乗れる便がない」「車両が 混雑する」「運賃が高い」などが続いた。
改善してほしい点でも、運行本数の増加や朝の通学時間帯の車両の増加などが挙げられ、快速列車の運行や電子マネーの導入への要望、定期券を購入できる駅が少なくて不便との声もあった。
期成同盟会は調査結果をもとに、飯田線の利便性向上や利用促進の取り組み、秋に予定する国やJR東海への要望活動などを進めていく。
総会では、飯田線利用促進を目的にしたシンポジウムの開催や調査研究、PR活動、イベント列車の運行などを行う新年度事業計画を承認。役員改選を行 い、駒ケ根市の杉本幸治市長を会長に選出した。杉本市長は「これまでの取り組みをさらに進め、リニア中央新幹線開通を見据え、地域一丸となって飯田線の活 性化を図りたい」と述べ、協力を求めた。
b0177596_179156.jpg

[PR]

by ja0hle | 2016-05-14 17:09 | 中京箕輪会 | Comments(0)

箕輪町の信州かやの山荘で、毒キノコの種類を学ぶ講座が、8日に開かれました

信州かやの山荘で毒キノコを学ぶ講座

b0177596_1731245.jpg
箕輪町の信州かやの山荘で、毒キノコの種類を学ぶ講座が、8日に開かれました。

講座には、箕輪町内や諏訪などから8人が参加しました。
講師は、かやの山荘管理人で長野県きのこ鑑定士の伯耆原尊さんがつとめました。

かやの山荘では毎年、食べられるキノコを学ぶ講座を開いていますが、今回は初めて毒キノコのみを学ぶ講座を開きました。
伯耆原さんによりますと、県内には全部で826種類のキノコがあり、そのうち毒キノコは95種類だという事です。
かやの山荘周辺には、胃腸障害や幻覚などの中毒を起こすベニテングタケが多く自生しているという事です。

講座は次回6月に開かれ、実際にキノコ狩りをしてキノコの種類を学ぶ予定です。





放送日:2016年5月8日(日曜日)
[PR]

by ja0hle | 2016-05-14 17:03 | 中京箕輪会 | Comments(0)

みのわ祭りのポスターとうちわ図案決定

みのわ祭りのポスターとうちわ図案決定
267点の応募から投票により選ばれる
 7月30日に行われるみのわ祭りのポスターとうちわの図案が決まりました。
 ポスターに採用されたのは箕輪中学校2年の野澤咲喜さんの作品です。
 ポスターは500枚作られ、公共施設や協賛企業に貼られます。
 うちわに採用されたのは箕輪中学校2年の唐澤茉奈さんの作品です。
 うちわは1万本作られ、町の全戸に配布されます。
 図案は267点の応募があり、9日に開かれたみのわ祭り実行委員会の中で審査員の投票により採用作品が選ばれました。
 2016みのわ祭りは7月30日にみのわ天竜公園で行われます。


ポスター採用 箕輪中学校2年野澤咲喜さんの作品
b0177596_1659773.jpg

 
うちわ採用 箕輪中学校2年唐澤茉奈さんの作品

 
b0177596_16592413.jpg



放送日:2016年5月11日(水曜日)
b0177596_17011.jpg

[PR]

by ja0hle | 2016-05-14 17:00 | 中京箕輪会 | Comments(0)
line

中京箕輪会


by 中京箕輪会事務局
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31