<   2014年 11月 ( 9 )   > この月の画像一覧


箕輪町の現状と課題(下)―図書館建設基本構想

次代へつなぐ 
b0177596_207014.gif
箕輪町の現状と課題(下)―図書館建設基本構想
更新:2014-11-6 6:00
 箕輪町は今年3月、町の新図書館について、建設予定地を町中心市街地にあるJA上伊那箕輪町支所の敷地内とする基本構想を打ち出した。老朽化が進み手狭なため、建て替えが長年の懸案となっていた。平澤豊満町長が3期目の公約の一つに掲げながら「実現していない最後の事業」と位置付ける。衰退する市街地に「にぎわいを取り戻し、活性化に結び付けたい」の思いも込められている。

 建設予定地近くで時計店を営む原和男さん(68)は「商店街活性化の起爆剤になる」と期待を膨らませる一人だ。

 かつては、町の中心地として栄えてきた同町松島区の通り町商店街。最盛期には30店舗以上が加盟していたが、現在は22店舗まで減少した。国道153号箕輪バイパス沿線に郊外型大型店が進出したのを契機に「人の流れが完全に変わってしまった」と嘆く。 同町本町商店会でお茶販売店を経営する町商工会副会長の伊藤隆さん(64)は図書館建設は歓迎しながら「機能だけでなく、さまざまな層が集える周辺整備も出来れば」と注文する。食料品などを扱う店が姿を消し「お年寄りなど買い物弱者は困っている。歩いて買い物できる場の確保は必要」という。図書館という文化的施設を核にしながら、高齢者福祉や子育て支援、商業活性化など幅広い効果を見通した「新たな市街地の開発」を望んでいる。

 町の計画では、同支所の敷地約4000~5000平方メートルの一部を取得し、延べ床面積1500~2000平方メートルの図書館を建設。総事業費は約10億円を見込み、国交省の地方都市再構築に関する補助制度を利用する考え。

 図書館の基本コンセプトや中身については、専門知識やノウハウのある人を全国から公募。任期付き職員として採用し、町民の意見を聞きながら検討を進めていく方針だ。

 構想案について町は今年7月、住民1500人を対象にしたアンケートで同支所敷地内への建設に賛成か反対かを聞いた。65.7%が賛成、16.8%が反対だった。反対の主な理由には「新図書館の必要性が感じられない」や「候補地に反対」「想定される事業費(10億円)に納得できない」が挙がった。

 建て替えの必要に迫られた図書館建設。その機能だけにとどまらず、住民合意をどう得て、周辺地域活性化に向けたグランドデザインをどう描くのか。次代を担うリーダーの手腕が問われている。
[PR]

by ja0hle | 2014-11-07 20:06 | 中京箕輪会 | Comments(0)

南箕輪村の信州大学農学部の学生寮、中原寮の寮祭の一般公開

信大学生寮伝統 中原寮祭
南箕輪村の信州大学農学部の学生寮、中原寮の寮祭の一般公開が10月26日行われ多くの人でにぎわいました。
中原寮祭の名物となっているのが豚の丸焼きで、前日の午後6時から焼き始めました。
豚1頭、約20キロ分の丸焼きが訪れた地域住民や学生に振舞われました。
中原寮では、お世話になっている地域の人たちにも楽しんでもうらおうと、毎年寮祭を一般に公開しています。
会場では、寮生によるコントやバンド演奏なども行われ、訪れた人達を楽しませていました。
寮祭実行委員長の原岳史さんは「多くの人の協力もあり、なんとか成功する事ができた。来年以降も、伝統ある寮祭を継続していけるよう後輩達を応援していきたい」と話していました。




放送日:2014年11月1日(土曜日)
[PR]

by ja0hle | 2014-11-02 08:43 | 中京箕輪会 | Comments(0)

箕輪町のKOA株式会社

KOA感謝祭 創業者向山一人さん誕生100年

 電子部品の開発・製造・販売を行っている箕輪町のKOA株式会社は、1日KOAパインパークで感謝祭を行い、創業者向山一人(かずと)さんの生誕100年を記念した催しもありました。
 記念の催しでは、向山一人さんの映像がスクリーンで上映され、向山孝一会長が父・一人さんについて語りました。
 向山一人さんは、1914年、大正3年生まれ。
「伊那谷に太陽を」を合言葉に、伊那谷各地に電子部品製造工場を建設しました。
 向山会長は、「創業者の理念である、“地域と共に発展し、地域の生活を守っていくこと”を決して変えず、次の世代を育てることが恩返しだ」と話しました。
 感謝祭には地域住民が訪れ、社員による屋台を楽しんでいました。




放送日:2014年11月1日(土曜日)
[PR]

by ja0hle | 2014-11-02 08:41 | 中京箕輪会 | Comments(0)

箕輪町の農家に生まれ 向山一人 生誕100年

向山一人 生誕100年
11月1日感謝祭で記念展

伊那谷の政治経済や文化に大きな影響を与えた向山一人さんの生誕100年を記念した催しが11月1日に、箕輪町のKOAで行われます。

向山さんは、1914年大正3年に箕輪町の農家に生まれ、戦後の疲弊した伊那谷の各地に電子部品製造工場を建設。
「伊那谷に太陽を」を合言葉に、電子工業のメッカ・伊那谷の基礎を築きました。
向山さんは、政治の世界にも進出。
市議会、長野県議会、衆議院、参議院で議員として活躍。
1995年、平成7年、81歳で亡くなりました。
生誕100年記念の催しは、100年の節目にその足跡をたどろうと開かれます。
会場となるKOAパインパークのハローウイングでは、29日から本格的に準備が始まりました。
記念展では、社内で保管されている写真50点の展示と、記録映像が放映される予定で、向山孝一会長が創業者で父親の一人さんについて語ります。
生誕100年記念の催しは、11月1日土曜日、感謝祭に合わせて午前11時から行われます。




放送日:2014年10月29日(水曜日)
[PR]

by ja0hle | 2014-11-02 08:39 | 中京箕輪会 | Comments(0)

箕輪北小学校で生け花の出前教室

箕輪北小学校で生け花の出前教室
県などが30校を対象に実施

地元の生け花の指導者が小学校に出向いて指導する県の出前教室が、30日、箕輪町の箕輪北小学校で開かれました。

箕輪北小学校の6年生33人が、マグカップを使った生け花を体験しました。
指導したのは、伊那市で生け花の指導をしている野溝淳子さんと溝口治子さんです。
これは、小学生に花に触れる楽しさや地元で生産された花を知ってもらおうと、県や花卉生産者などでつくる協議会が県内30校で開いているものです。

この日は地元で栽培されたアルストロメリアやトルコギキョウ、カーネーションを使いました。
野溝さんは、「花の形や色を良く見て、誰にプレゼントしたいか考えながら配置しましょう」などとアドバイスをしていました。

完成した生け花は学校から持ち帰って家族に贈るという事です。




放送日:2014年10月30日(木曜日)
[PR]

by ja0hle | 2014-11-02 08:38 | 中京箕輪会 | Comments(0)

上伊那地域おもてなし向上プロジェクト実行委員会設立

上伊那検定 実施へ
上伊那地域おもてなし向上プロジェクト実行委員会設立

広域的に住民を巻き込んだおもてなし向上につなげようと、地域資源を活用した上伊那検定が平成29年度をめどに実施されることになりました。

上伊那地域の商工団体や観光団体などが参加するおもてなし向上プロジェクト実行委員会が30日設立されました。
県や上伊那の市町村、商工団体や観光関連団体など34の団体で組織されます。
伊那合同庁舎で設立総会が開かれ、事業計画などを決めました。
上伊那地域おもてなし向上プロジェクト実行委員会は、広域連携部会、事例集・ツアーコンテスト部会、上伊那検定部会の3つの部会で構成されます。
上伊那検定は、上伊那検定部会が検討を進めます。
検定は、地域住民のおもてなしの意識を高めようと歴史や文化、経済などに関する試験を行うものです。
実施時期は、平成29年度、受験者数は、100人以上、合格者数は、70人以上を確保するという具体的な数値目標を定めています。
このほか、事例集・ツアーコンテスト部会は、おもてなしに関する事例をとりあげ情報発信のあり方を検討するほか、地域の自然、歴史、食などを活用したツアーコースのコンテストの実施を検討します。
30日は、おもてなしの事例発表として、伊那市長谷の「蔵の宿みらい塾」の女将、市ノ羽幸子さんが「ためしてみて!農家民泊」の演題で講演しました。




放送日:2014年10月30日(木曜日)
[PR]

by ja0hle | 2014-11-02 08:34 | 中京箕輪会 | Comments(0)

信州の老舗264社を公表

信州の老舗264社を公表
伊那ケーブルテレビエリアは8社
長野県は、長野県百年企業、信州の老舗表彰の受賞企業264社を公表しました。
上伊那は、15社、伊那ケーブルテレビ放送エリア内の3市町村では、8社です。

伊那市では、5社が決定しました。
伊那市高遠町の合資会社赤羽菓子店は、1897年明治30年創業です。
代表する菓子は高遠まん頭。
鉾持神社参道で売り出したのがはじまりとされています。
社長の赤羽敏さんは、和菓子製造一級技能士で、経営だけでなく技術にこだわり続けています。
伊那市東春近の沢渡木材株式会社は、1895年、明治28年創業です。
安く売るのではなく、確実な良い商品を安く売れる組織を目標に国内外の大手製材工場から直接仕入れています。
長野県産材の販売にも力を入れています。
伊那市高遠町上山田の株式会社仙醸は、1866年慶応2年の創業の酒造メーカーです。
伊那ケーブルテレビ放送エリア内での受賞企業の中では最も歴史があります。
伊那谷産米を使い南アルプスの伏流水を使い杜氏でなく常勤社員による酒造りを行っています。
伊那市荒井の株式会社フォトスタ・トゥエンティーワンは、1913年、大正2年創業です。
西町には、風の丘デュボンタンがあり、写真部門、ビデオ部門、フォトデザイン部門があり、豊科や松本などでも事業展開しています。
合資会社宮島酒店は、1911年、明治44年創業です。
スペックよりも安心・安全にこだわった酒づくりをしています。
酒米は、すべて無農薬、減農薬の契約栽培米を使っています。
全量無農薬栽培の米による酒造りを目指しています。
箕輪町では、2社が決定しました。
松島にある株式会社カネカは、1897年、明治30年創業。
燃料、金物販売を行ってきました。
現在は、台所やトイレ、風呂の水回りにも力を入れています。
松島仲町の有限会社金星製菓舗は、1886年明治19年創業。
こしたか万十、くるま菓子の伊那の渓谷が人気商品です。
古くから伝わるヒノキの梁がその歴史を物語っています。
南箕輪村では、1社が決定しました。
神子柴にある株式会社プリンティアナカヤマは、1913年大正2年創業。
伊那に電気が供給され電車が通った年に伊那市旭町で活版印刷業中山印刷所を創業。
上伊那の草分けとして発展しました。
現在は、オンデマンド印刷機を増設し名刺からポスターまで小ロットに対応しています。
表彰式は、11月28日に松本市で行われます。




放送日:2014年10月31日(金曜日)
[PR]

by ja0hle | 2014-11-02 07:29 | 中京箕輪会 | Comments(0)

みのわ健康アカデミーOB会

みのわ健康アカデミーOB会
ウォーキングとごみ拾い

箕輪町のみのわ健康アカデミーOB会は、10月31日にウォーキングとごみ拾いを行いました。

OB会のウォーキングは、3年前から春と秋の年2回行われています。
春はながた、秋は三日町の番場原公園を出発するコースです。
みのわ健康アカデミーのOBのほか現役生や一般50人が参加し、2.6キロ離れた福与城跡をめざしました。
みのわ健康アカデミーは、40代から70代までが対象で、現在10期生が学んでいます。
1年間、健康に関することを学びます。
OB会は、アカデミー卒業生で組織していて、400人にのぼります。
毎回ウォーキングの前には、社会貢献活動として、ごみ拾いをしています。
番場原第2グラウンド周辺で行い、空き缶やペットボトル、たばこの吸い殻などが目立ちました。
会長の平出清一さんは、「参加者が交流をふかめながら健康増進につなげていきたい。」と話していました。




放送日:2014年11月1日(土曜日)
[PR]

by ja0hle | 2014-11-02 07:28 | 中京箕輪会 | Comments(0)

箕輪北小学校で生け花の出前教室

箕輪北小学校で生け花の出前教室
県などが30校を対象に実施

地元の生け花の指導者が小学校に出向いて指導する県の出前教室が、30日、箕輪町の箕輪北小学校で開かれました。

箕輪北小学校の6年生33人が、マグカップを使った生け花を体験しました。
指導したのは、伊那市で生け花の指導をしている野溝淳子さんと溝口治子さんです。
これは、小学生に花に触れる楽しさや地元で生産された花を知ってもらおうと、県や花卉生産者などでつくる協議会が県内30校で開いているものです。

この日は地元で栽培されたアルストロメリアやトルコギキョウ、カーネーションを使いました。
野溝さんは、「花の形や色を良く見て、誰にプレゼントしたいか考えながら配置しましょう」などとアドバイスをしていました。

完成した生け花は学校から持ち帰って家族に贈るという事です。




放送日:2014年10月30日(木曜日)
[PR]

by ja0hle | 2014-11-02 07:26 | 中京箕輪会 | Comments(0)
line

中京箕輪会


by 中京箕輪会事務局
line
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30