長野県勢の快挙に驚きです。

末恒例の全国高校駅伝が24日、京都で行われました。

長野県勢の快挙に驚きです。

今年は、予選記録も良く県勢の活躍が予想されていました。

テレビの前で拍手、拍手の一日でした。

どうしてこんなに強いのでしょうか。

1月の都道府県対抗駅伝へつながっていきますね。

箕輪中卒業生も両チームに所属しています。

来年は、エントリーされるといいのですが。

男子の佐久長聖は、前評判通りの強さを発揮。

1区の中谷雄飛選手の区間賞で始まりました。

佐久長聖勢が3年連続1区区間賞、それだけですごいことです。

途中首位を譲ったものの連覇を狙う倉敷(岡山)を鈴木芽吹選手で逆転。

昨年苦労した4区の本間敬大選手の走りが見事でした。

選手層の厚さを感じました。

結局、2時間2分45秒の好タイムで9年ぶり2度目の優勝を飾りました。

昨年の雪辱。4区間で区間賞を獲得する快挙でした。

7人ともに日本人だけでの優勝。これまたすごいこと。

両角先生からバトンを受けた高見沢監督も肩の荷が下りたかと。

(佐久長聖のアンカー、山本嵐選手)

女子では、仙台育英(宮城)が優勝。

本県の長野東が悲願の2位。メダルを獲得しました。

1区和田有菜選手が2年連続区間賞。さすがに堂々とした走りでした。

長野東は、全員県勢で固めるチーム、しかも地方の公立校、すばらしい成績です。

県勢だけで毎年上位を確保するのは奇跡というもの。

昨年の念願の入賞からステップアップです。

玉城監督もメダルに到達。おめでとうございます。

(犀川沿いの練習コースに掲げられています。)

昨年も書きましたが、私にとっては、長野東は特別。

以前、長野市在住中は、長野東の練習コース近くに住んでいて、毎日練習ぶりを見ていましたから。

彼女たちの朝練習、好成績で地域が元気になります。

川中島中も同じコースで練習に励んで強くなっています。

箕輪中の好敵手です。


[PR]

by ja0hle | 2017-12-27 17:39 | 中京箕輪会 | Comments(0)
line

中京箕輪会


by 中京箕輪会事務局
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31