南小河内おさんやり 無病息災願う

南小河内おさんやり 無病息災願う

箕輪町の無形民俗文化財に指定されている南小河内の伝統行事「おさんやり」が16日に行われ、地区住民が無病息災を願いました。
南小河内の伝統行事おさんやりは、区内を流れる大堰と呼ばれる用水路が天竜川と逆に流れていることが疫病の原因と考えられ、その厄を払おうと200年程前から始まったとされています。
この日は、13日に区民およそ50人で造ったお舟の巡航が行われました。
白服に身を包んだ男性たちが、「よいしょよいしょ」の掛け声に合わせて区内を練り歩きました。
お舟の本体はカラマツとナラで造られていて、長さはおよそ10メートル、重さはおよそ600キロあります。
途中4つの辻では、「ヨイソレ」と呼ばれる踊りを披露しました。
大人がひくお舟の前では、小学生がミニお舟をひいていました。
2時間ほどかけて区内の巡航が終わりました。
夜になると、お舟壊しが行われました。
お堂の前にナラの木を立てて、その周りをお舟が3周します。
その後、左右に大きく揺らしながら壊していきます。
今年は5回で壊すことができました。
壊したお舟の木片は、厄除けのお守りとして区民が持ち帰り、家の玄関に飾ったということです。




放送日:2017年8月18日(金曜日)

[PR]

by ja0hle | 2017-08-26 08:29 | 中京箕輪会 | Comments(0)
line

中京箕輪会


by 中京箕輪会事務局
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31