駒ケ岳遭難から104年 児童が花を手向ける

駒ケ岳遭難から104年 児童が花を手向ける

1913年大正2年に発生した中箕輪尋常高等小学校の駒ヶ岳登山遭難事故から今年で104年となります。
25日は箕輪中部小学校の児童が犠牲となった11人の冥福を祈りました。
中部小の児童たちは手に花を持ち登校していました。
学校に到着すると玄関の前にある遭難の碑に花を手向け手を合わせました。
この行事は遭難事故を後世に伝えようと児童会が中心となって毎年事故があった8月27日に行われています。
今年は27日が日曜日の為、繰り上げて行われました。
駒ヶ岳登山の遭難事故は、1913年大正2年に、箕輪中部小学校の前身である中箕輪尋常高等小学校で集団登山がおこなわれ、教師や児童37人のうち11人が犠牲となりました。
中部小学校では来月5日に、駒ヶ岳遭難事故や今年発生した九州北部豪雨災害をもとに命について考える全校集会を開く予定です。




放送日:2017年8月25日(金曜日)

[PR]

by ja0hle | 2017-08-26 08:25 | 中京箕輪会 | Comments(0)
line

中京箕輪会


by 中京箕輪会事務局
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31