出荷に向け箕輪町でスイートコーン集荷作業

出荷に向け箕輪町でスイートコーン集荷作業

箕輪町のJA上伊那箕輪果実選果場では、出荷に向けてスイートコーンの集荷作業が行われています。
箕輪果実選果場では、10日から今年のスイートコーンの受け入れを始めました。
箕輪町と辰野町の農家およそ80戸から受け入れを行っています。
上伊那の中でも箕輪町は特に生産が盛んな地域で、20日も収穫したばかりのスイートコーンが次々と運ばれてきました。
集荷しているのは、白色と黄色の粒が混ざったバイカラーコーンと、黄色のみのイエローコーンです。
集荷のピーク時には、1日に1,000から2,000ケースが集められるということです。
JA上伊那によりますと、上伊那は県内でも有数の生産量を誇り、昨年度の出荷量はおよそ7万3千ケース、販売額はおよそ1億6千万円となっています。
品質がよく、他県の市場からも人気だということです。
上伊那のスイートコーンの集荷のピークは来週頃からで、中京・関西方面の市場に出荷されるということです。




放送日:2017年7月20日(木曜日)

[PR]

by ja0hle | 2017-08-02 16:37 | 中京箕輪会 | Comments(0)
line

中京箕輪会


by 中京箕輪会事務局
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31