りんご極早生「夏あかり」出荷査定

りんご極早生「夏あかり」出荷査定
b0177596_16453494.jpg

りんごの極早生「夏あかり」の出荷を前に、生産農家やJA上伊那の職員が今年の出来を見る査定会が3日箕輪町の果樹園で開かれました。
上伊那地域ではお盆向けに、3年前から極早生「夏あかり」の出荷を行っています。
3日は生産農家やJA、県の職員など30人ほどが集まり色づきや甘さ、選果場の受け入れ日程などについて確認しました。
夏あかりは、長野市の農家が、品種改良で生み出したりんごで酸味が少なく、噛み応えがあるのが特徴です。
お盆の贈答やお供え物として需要があり、他のリンゴと比べ高値で取引されているという事です。
全農長野の関係者は、「飯田ではここ数日の悪天候でヒョウの被害も報告されている。11日までにすべて出荷したいです」と話していました。
JA上伊那によりますと、去年の夏あかりの出荷は、3.5トンで今年は10トン近くに増える見込みだという事です。
夏あかりの選果は5日から始まり、主に関東や中京などに出荷されるという事です。
上伊那では、南箕輪村のあじ~なで販売される予定です。
 
b0177596_16455563.jpg




放送日:2016年8月3日(水曜日)
[PR]

by ja0hle | 2016-08-04 16:46 | 中京箕輪会 | Comments(0)
line

中京箕輪会


by 中京箕輪会事務局
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31