南宮神社で半年間の穢れ祓う大祓祭

南宮神社で半年間の穢れ祓う大祓祭

 半年間の穢れを払う大祓(おおはらえ)祭が、30日、箕輪町の箕輪南宮神社で行われました。 
 大祓祭では、参加した総代が、紙を人の形にかたどった「人形(ひとがた)」を炊き上げて穢れを払いました。
 人形には、名前と数え年を書きます。
 人形で自分の体を撫でて穢れを払い、三回息を吹きかけて、体の中の穢れも移すということです。 
 昔は、この人形を川に流していたということですが、いつのころからか、お炊き上げするようになりました。
 神社のある木下区民全員が氏子だということで常会の代表が総代となり神社を守っています。
 箕輪南宮神社の大祓祭は、いつから行われているか定かではありませんが、数百年続くのではないかということです。
 唐沢 克忠(よしただ)宮司は、「7月の鹿頭行列を行う雨乞いの大祭を前に、神事に携わる皆さんにしっかりお祓いをしていただいた」と話していました。




放送日:2016年6月30日(木曜日)

[PR]

by ja0hle | 2016-07-01 15:57 | 中京箕輪会 | Comments(0)
line

中京箕輪会


by 中京箕輪会事務局
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31