箕輪町 職員2人を熊本地震の被災地に派遣 家屋被害の認定調査

箕輪町 職員2人を熊本地震の被災地に派遣

家屋被害の認定調査

 箕輪町は、27日から7月4日まで熊本地震の被災地に職員を派遣します。
 派遣されるのは、総務課の丸山敦消防防災係長と、税務課の小野文久資産税係長の2人です。
 27日朝は、役場前で出発式が行われました。
 派遣先は、熊本県の中央に位置する大津町で、地震により94件が全壊、442件が半壊しました。
 2人は、27日現地に入り、あすから1週間、家屋被害の認定調査を行います。
 出発式で白鳥政徳町長は、「地震はこの地域でも起こりうる災害。被災地の復興を手伝うことはもちろん、万が一に備え現地で様々なことを学んできてほしい」と激励しました。
 2人の派遣期間は、27日から7月4日の月曜日までです。




放送日:2016年6月27日(月曜日)


[PR]

by ja0hle | 2016-06-29 19:23 | 中京箕輪会 | Comments(0)
line

中京箕輪会


by 中京箕輪会事務局
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31