田舎暮らし住宅7月から運用開始

田舎暮らし住宅7月から運用開始

箕輪町は、移住定住につなげようと来月1日から田舎暮らし体験住宅の運用を始めます。
住宅は、箕輪町南小河内の旧東部診療所の使われていない医師住宅を利用します。
移住定住の促進や、交流人口増加による地域の活性化につなげようと取り組むものです。
建物は、木造平屋建てで、ダイニングや和室、洋室があり間取りは3LDKです。
食器や電気製品なども備えていて、1泊2日から6泊7日まで利用日数を選ぶことができます。
施設の利用料は無料で、光熱費は町が負担します。
利用する場合は、町内の施設案内などの研修を受けることになっています。
希望があれば、町の仲介で農業体験や移住者との交流ができるということです。
箕輪町によりますと、27日までに名古屋と京都から2件の申し込みがあったということです。
町では、「申込者が町外であれば誰でも利用できるので多くの人に活用してもらいたい」と呼び掛けています、
今後は、移住者のインタビューや子育て情報などを掲載したパンフレットなども活用して箕輪町をPRしていきたいとしています。




放送日:2016年6月28日(火曜日)


[PR]

by ja0hle | 2016-06-29 19:20 | 中京箕輪会 | Comments(0)
line

中京箕輪会


by 中京箕輪会事務局
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31