天竜川で水難救助訓練

天竜川で水難救助訓練

上伊那広域消防本部は、河川の増水事故を想定した訓練を箕輪町の天竜川で28日、行いました。
28日は、上伊那広域消防本部、箕輪消防署の署員23人が参加し、箕輪町の天竜橋下流で訓練を行いました。
訓練は、増水した天竜川を見に行った人が川へ転落したとの想定で行われました。
初めに署員が、救命用の機器を使って対岸とロープで結びました。
流されないよう救助ボートをロープに取り付け署員2人が、流されてきた人を救助しました。
27日の夜から降った雨で、天竜川の水量がいつもより増していて、緊迫した中で訓練が行われていました。
この他にロープの入ったバッグを川に投げ入れ救助する訓練も行われました。
上伊那広域消防本部によりますと、去年管内での水難事故件数は、5件でほとんどは河川で起きた事故だということです。
訓練は、夏のレジャーが本格的に始まる毎年この時期に行われていて、箕輪消防署をかわきりに上伊那広域消防本部管内の消防署で順次行われることになっています。




放送日:2016年6月28日(火曜日)


[PR]

by ja0hle | 2016-06-29 19:17 | 中京箕輪会 | Comments(0)
line

中京箕輪会


by 中京箕輪会事務局
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31