箕輪町には自治地区が15区あります

2016-06-14 22:26:00
テーマ:

箕輪町には自治地区が15区あります。

その15区の区長さん、区長代理さんで、毎年この時期に研修旅行に行きます。

研修を兼ねて相互の交流や様々なご意見などをいただきます

例年淡路島まで行っていたのですが、今年は大阪府で研修していただきました。

まずは津波・高潮ステーションへ

海のない信州には津波も高潮も関係ないと思いますよね。

もちろんそうなんですが、阪神淡路、東日本、熊本と大震災が続いています。

そして過去を振り返っても、大きな震災・災害が起こっていることを、あらためて知って感じていただきたいなと、見学をお願いしました。

正直「津波」なんて関係ないじゃないかと、区長さんらに言われると思いましたが、案内してくださった方の話しに、みなさん真剣です。

そう、まさに今ここで大地震が発生したらどうするのか。

私もお話しを聞くにつれ、町民のみなさんがこれから夏本番を迎えると、日本海へ太平洋と出かけられます。

そう考えると町の広報などでも、ずべてとはいきませんが津波が発生した際の高台の情報提供など必要だと思いました。

いつ起きてもおかしくない南海地震、東南海地震、東海地震など。

これら大規模地震が連動する可能性すらあることをあらためて感しました。

地震の恐怖はありますが、どういうことなのか知って、有事の際のためにどう備えるか考えさせられました。

さらに3.11などを知っている私たちは、住んでいるところにかかわらず、そのことを後世に伝えることの大切さを学びました。

この碑はまさにそのことを伝えるものです。

箕輪町は、近年では平成18年に天竜川の決壊や土石流災害はあったものの、死者の出るような災害のない町です。

本当に幸せなことだなと思います。それと同時に安心することなく「備えあれば憂いなし」を町内に波及したいと思いました。


[PR]

by ja0hle | 2016-06-23 10:11 | 中京箕輪会 | Comments(0)
line

中京箕輪会


by 中京箕輪会事務局
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31