鹿頭行列で使う鹿頭を補修 箕輪町の福与の田中仁人さん

鹿頭行列で使う鹿頭を補修

箕輪町の福与の田中仁人さん

箕輪町福与に住む田中仁人さんは箕輪南宮神社の伝統行事、鹿頭行列で使う鹿頭の補修作業を8日行いました。
田中さんは、地域の伝統行事を守ろうと平成4年から鹿頭づくりをはじめました。
小さな子どもがかぶることから、材料に発泡スチロールを使うなどできるだけ軽く作るように心がけているといいます。
鹿頭は地区で保管していたもので汚れや破損など必要があれば補修することにしています。
鹿頭行列は箕輪南宮神社に伝わる雨乞いの行事で稚児が鹿頭をかぶり境内を3周し奉納します。
地区名に「福・大・富」が付く天竜川の東の福島と福与、西の大泉大泉新田、大萱が毎年交代で行っていて今年は東の地区が担当です。
誰もが作れるように設計図もありますが福与で作っているのは田中さんだけだということで伝統行事を守るためにも後継者が現れてほしいと話していました。
箕輪南宮神社の鹿頭行列は来月17日に行われる予定です。




放送日:2016年6月8日(水曜日)


[PR]

by ja0hle | 2016-06-23 09:56 | 中京箕輪会 | Comments(0)
line

中京箕輪会


by 中京箕輪会事務局
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31