箕輪町の町民体育館・武道館 大地震で倒壊する危険性あり

箕輪町の町民体育館・武道館 大地震で倒壊する危険性あり

箕輪町は、町民体育館と武道館の耐震診断について、震度6から7の地震で倒壊する危険性があるとの結果を明らかにしました。
箕輪町によりますと、昨年度、町民体育館と武道館の耐震診断を実施したところ、どちらの施設も「震度6から7の地震が発生した場合、倒壊の危険性がある」との結果が出されたということです。
町民体育館は昭和46年に建てられ、年間およそ1万6千人が利用しているということです。
鉄骨部材の断面が薄いことや、一般の体育館よりも天井が高い構造で耐震強度が弱いという診断評価になりました。
武道館は昭和50年に建てられ、年間およそ1万人が利用しているということです。
検査の結果、柱と梁の接合部の溶接が不十分だという診断評価になりました。
町では当面の間施設の利用は継続する予定で、住民に周知をしながら今後耐震工事について検討をしていくとしています。




放送日:2016年6月21日(火曜日)


[PR]

by ja0hle | 2016-06-23 09:47 | 中京箕輪会 | Comments(0)
line

中京箕輪会


by 中京箕輪会事務局
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31