全国植樹祭

全国植樹祭
2016-06-07 06:22:35NEW !
テーマ:ブログ
b0177596_1724195.jpg

第67回全国植樹祭が、天皇皇后両陛下をお迎えし、長野市のエムウェーブで開催されました。町からも10人ほどが招待をされ、私も行ってきました。
長野市では、記念式典が行われ、県下4会場で植樹が行われました。
長野県での開催は、昭和39年、茅野市での開催以来52年ぶりということ。

大会決定から4年ほど、様々な準備、取り組みをしてきた関係者にご慰労申し上げます。
この大会を通じて、「森林県長野」から「林業県長野」への取り組みが進み、具体的には、未来に向けて森林資源を守り育て、活用する取り組みを、全国に発信できたことは意義深いもので、素晴らしい大会になったと思います。

しかし、さすが全国大会、時間管理に厳しくややお疲れモードでした。
また、招待者として大勢の中にいましたので、また、式典中移動が出来ませんので、モニターでしか内容がわからず、 テレビで見ていた家族の方が 式典の様子を良く知っていました。
私とすれば、すばらしい大会の中に身を置けたことに感謝です。

大会テーマは、「ひと ゆめ みどり 信濃から未来へつなぐ森づくり」です。

式典のナビゲーターは、朝日村出身の上条恒彦さんと為永幸音さん。
信州の山に暮らすおじいちゃんと孫が豊かな森を育てていきます。
ちょうど近くで拝見しましたが、幸音さんのナレーションは、子役さんなのか、さすがものでした。

天皇陛下のお手植えの様子を映しています。

私たちの席からは、全く見ることができませんでした。
全国植樹祭の式典で「お手植え」をされる天皇、皇后両陛下=5日午前11時21分(信濃毎日新聞より)


式典では、天皇、皇后両陛下が、諏訪大社の御柱祭の御神木にも使われているウラジロモミや高遠城址公園で有名なタカトオコヒガンザクラなど、合計6種類の苗木をお手植えされました。
写真は、天皇陛下が植えられたものです。

b0177596_1734810.jpg


式典終了後、こちらで植樹をして帰りました。
松本市と相談し、この場所を植樹会場にしようと決めたことを懐かしく思い出しました。
松くい虫で枯れていく公園を再生するには、樹種転換をしていこうとした時期でもありました。
[PR]

by ja0hle | 2016-06-07 17:04 | 中京箕輪会 | Comments(0)
line

中京箕輪会


by 中京箕輪会事務局
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31