箕輪町の旅行業トラビスジャパン

トラビスジャパン農家民泊7月にスタート

箕輪町の旅行業トラビスジャパンは、外国人や都会の人達を受け入れる農家民泊を7月にスタートさせます。
17日は、トラビスジャパンが箕輪町文化センターで農家民泊の説明会を開き、受け入れを考えている農家10軒に手続きなどを話しました。
トラビスジャパンには、ここ数年農家民泊を希望するアジアなどの観光客からの問い合わせが増えています。
箕輪町内には、受け入れ先がないため、現在、伊那市や飯田市の農家を紹介しています。
箕輪町内で対応できるようにしたいと今回、説明会を開きました。
今回、説明会に参加した箕輪町沢の大槻俊光さんです。
大槻さんは、6年ほど前、トラビスジャパンが行ったツアーで観光農園として協力しました。
大槻さんは、「収穫や袋づめ作業を体験してもらいたい」と話します。
3年前に農家民泊をスタートした伊那市では、観光協会が窓口となり農家民泊を行っていますが需要に追い付かないのが現状です。
箕輪町で本格的な農家民泊の受け入れを7月からスタートさせるトラビスジャパン。
30軒を目標に町内での受け入れ農家を確保するとともに、近隣の辰野町や南箕輪村でも受け入れ農家を募集していくということです。

b0177596_19163636.jpg



放送日:2016年5月17日(火曜日)
[PR]

by ja0hle | 2016-05-18 19:16 | 中京箕輪会 | Comments(0)
line

中京箕輪会


by 中京箕輪会事務局
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31