箕輪町ゆかりの童画作家なかじまゆたかの世界

なかじまゆたかの世界

箕輪町ゆかりの童画作家 20日まで

箕輪町にゆかりのある童画作家なかじまゆたかさんの童画展「なかじまゆたかの世界」が町文化センターホールで開かれています。

大阪生まれ、奈良県在住のなかじまさんは、高校時代の恩師が箕輪町出身でした。
恩師の家に泊まった際の情景が、デビュー作「牛の目地蔵」の童画に表れています。
幼い頃から体に障害があったなかじまさんは、療養生活の中でグリム童話と出会ったのをきっかけにヨーロッパを歴訪しながら童話や絵の創作活動を続けています。
6日は、町図書館でなかじまさんの作品の読み聞かせ会が開かれました。
図書館で読み聞かせをしているグループ「せせらぎ会」が絵を投影しながら朗読しました。
開場には親子連れやなかじまさん本人も訪れ、読み聞かせを楽しんでいました。
箕輪町60周年の記念事業として開かれているこの童画展は、20日まで町文化センターで開かれています。

放送日:2016年3月9日(水曜日)
b0177596_1927476.jpg

[PR]

by ja0hle | 2016-03-14 19:28 | 中京箕輪会 | Comments(0)
line

中京箕輪会


by 中京箕輪会事務局
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31