遺言により教育資金と教育書籍を寄付

故・河手禎さんより箕輪町に寄付
遺言により教育資金と教育書籍を寄付

 箕輪町出身で去年3月に亡くなった河手禎さんから箕輪町へ教育振興のために750万円と書籍7,000冊が寄付されていたことがわかりました。
 教育振興のために使って欲しいという河手さんの遺言により去年末に寄付されました。
 河手さんは箕輪町松島出身で、父親は元箕輪町教育委員長です。
伊那北高校から早稲田大学に進み、卒業後は株式会社学習研究社に入社しました。
 定年退職後は、民俗学を生涯のテーマに全国各地に足を運び、その間に関連書籍を集めました。
 遺言により民俗に関する書籍も寄贈されました。
 河手さんの寄付は2月22日に開かれた記者会見で報告されたもので、町では「教育のために使って欲しいという故人の遺志に沿う形で活用を検討していきたい。」としています。
放送日:2016年3月7日(月曜日)
b0177596_1922161.jpg

[PR]

by ja0hle | 2016-03-14 19:22 | 中京箕輪会 | Comments(0)
line

中京箕輪会


by 中京箕輪会事務局
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31