上伊那農業高校畜産班 鹿肉を使った新商品販売へ 今後2か月で販売にこぎ着ける

上伊那農業高校畜産班 鹿肉を使った新商品販売へ
今後2か月で販売にこぎ着ける
b0177596_17294164.jpg

 南箕輪村の上伊那農業高校畜産班は、鹿肉を使った新商品の開発に取り組んでいます。
 27日は、試作品の試食会と調理講習会が伊那市の新山集落センターで開かれました。
 
 畜産班が考案した新商品です。
 新山でとれたニホンジカのロース部分を使用し、味付けは醤油をベースにニンニクや唐辛子などでアクセントをつけています。
 パック加工の殺菌の際、回数と温度管理を調節することで、常温での取り扱いが可能になり、食感も柔らかくなるということです。
 鹿肉は、畜産班の顧問で新山在住の境久雄さんが地元の知り合いに頼み提供してもらっていて、今回は新商品についての意見を聞こうというものです。
集まった人たちは、食べてみた感想や改善点などをあげていました。

 畜産班では、商品の改良を進めるとともに設備を整え、今後2か月をめどに商品化にこぎ着けたいとしています。
 将来的には、タレの素材も新山産にこだわるなどの付加価値をつけた商品としても展開していきたいとしています。

放送日:2016年2月27日(土曜日)
[PR]

by ja0hle | 2016-02-28 17:29 | 中京箕輪会 | Comments(0)
line

中京箕輪会


by 中京箕輪会事務局
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31