田舎暮らし、移住定住を進める代表的な新山地区(伊那市新山)

伊那市新山は、なかなかの「田舎」です。
2016-02-14 06:42:46NEW !
テーマ:できごと
伊那市新山へ行ってきました。
b0177596_937713.jpg


この新山地区は、伊那市が田舎暮らし、移住定住を進める代表的な地区です。

大昔、ゴルフ場に行ったことはありましたが、まったく記憶がなくなっています。

伊那市の三峰川沿いからかなり奥まで車を走らせました。
いやあ、田舎者が言うのも変ですが、なかなかの田舎です。

小学校や保育園の存続などの問題を聞いたことがありますが、うなずけます。
標高が高くなると、新築の家がちらほら見えてきます。移住する方も多いように感じました。


かなり奥まで入りました。路上はともかく、田んぼには、雪があります。金網の柵も。
トンボの楽園、池です。日本有数のハッチョウトンボの生息地だそうです。

道路わきに、よくイベントなどで紹介されている「ネコバス」がいました。
50年以上前のボンネット型のバスで日本に現存するバスとしては2番目に古い車体だそうです。
新山が誇るヴィンテージバスです。

小学校の入り口に「児童募集中❢」の看板にびっくり。予備校の生徒募集でもないのに。
ここ新山小学校は、平成21年度から「小規模特認校」に指定され、市内全域から児童を募集しています。
少人数ならではの特色をいかし、一人ひとりの個性を大事にした教育を行う小規模校ということです。
生き残り策かもしれませんが、こうした取り組みに共感する家庭にとってはありがたいことです。

高台まで登ってくると、伊那市が今年度建設した「キットハウス」がありました。
木造2階建ての住宅で、建坪は小さいですが、外から見ても素敵なお家です。
モデルハウスや田舎暮らし体験などには絶好の建物です。
[PR]

by ja0hle | 2016-02-14 09:35 | 中京箕輪会 | Comments(0)
line

中京箕輪会


by 中京箕輪会事務局
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31