県が、箕輪ダムに小水力発電を計画

県が、箕輪ダムに小水力発電を計画
2015-12-08 06:59:32
テーマ:できごと
b0177596_9275077.jpg

県の建設部は、7日、箕輪ダムに小水力発電を設置することを発表しました。

それによると、県営ダムのうち採算性の高い3か所のダム(片桐、横川、箕輪)に、県企業局が設置運営をするという構想です。

この事業は、県の直営事業でありますが、就任以来、自然エネルギーの活用策として県に対して検討を要請してきましたのでうれしい発表です。

箕輪ダムは、沢川に建設された多目的ダムで、上伊那地域の水がめです。併せて、下流域にとっては、大切な農業用水であります。高さ72メートルの重力式コンクリートダムで、今回は、豊富な数量、水位差を利用して発電建設をするというものです。多くの方には、湖畔に植栽された1万本のもみじのある「もみじ湖」として紅葉スポットになっています。
このダムは、流域の皆さんを始め多くの皆さんのご協力をいただき建設されたものです。建設以降も、水源保護条例により水源地として保護されてきています。


森林や水など私たちの町の貴重な財産である自然や環境、地域資源を守りながら、併せてエネルギー分野も地産地消を進めていく必要があります。
箕輪町の地形は、小水力発電の適地が少ないという面もありますが、今回の県の取り組みは、自然エネルギーの普及拡大にとっては朗報です。

問題は、これからです。
県は、関係機関による研究会を設置して具体的課題等を調整していくとしています。
当然、企業局では、採算ベースをふまえた開発可能性を調査することになるかと思います。
町においても、水利権者や地元の皆さんともども研究、検討に加わり、慎重かつ積極的に関わっていきたいと考えています。



秋の箕輪ダムです。




もみじ湖は、上伊那地域に飲料水を供給する水がめであり、地域の田畑を潤す大事な水です。

b0177596_9282451.jpg

[PR]

by ja0hle | 2016-02-05 09:28 | 中京箕輪会 | Comments(0)
line

中京箕輪会


by 中京箕輪会事務局
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31