箕輪町木下の南宮神社で鹿頭行列

南宮神社で鹿頭行列





箕輪町木下の南宮神社伝統の雨乞いの神事、鹿頭行列の奉納が19日行われました。
19日は、小雨が降る中神事が行われました。
子ども達が鹿の頭に見立てた飾りを被り境内を3周します。
およそ450年前の大干ばつの時に、雨乞いで雨が降ったことに感謝し、鹿を神様に献上したことが始まりとされています。
名前に「福」「大」「富」が付く地区で、天竜川より東側の福島、福与と西側の大泉、大泉新田、富田、大萱が毎年交代で行っています。
今年は西側が担当しました。
子ども達は、頭にかぶった鹿の頭を重そうにしながらも、地区に伝わる伝統行事に触れていました。
箕輪南宮神社総代会では、「これからも伝統行事を後世に伝えていきたい」と話していました。



b0177596_2040394.jpg


.

放送日:2015年7月19日(日曜日)
[PR]

by ja0hle | 2015-07-24 20:40 | 中京箕輪会 | Comments(0)
line

中京箕輪会


by 中京箕輪会事務局
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31