上伊那広域連合、伊那食品工業㈱とシティプロモーション協議会との懇談会


シティプロモーション自治体連絡会議が開かれる。



2015-06-06 17:11:37
テーマ:できごと


5日、上伊那広域連合、伊那食品工業㈱とシティプロモーション協議会との懇談会が伊那市のかんてんパパガーデンで開かれました。

シティプロモーション等連絡協議会は、地域におけるシティプロモーションの取り組みを推進するため、自治体、民間、大学などで組織した協議会です。

現在、全国14自治体で組織していますが、上伊那広域連合も加入しています。

埼玉県戸田市の神保市長が会長を務めています。
本日の会議には、副会長の静岡県込山小山町長もお見えになりました。

本日は、短時間でありましたが、全体会議で懇談会と、塚越寛伊那食品工業㈱会長の講演がありました。

懇談会では、関係市町のほか、産業能率大学、時事通信、IT企業社長、JTBなどからもお話を伺うことができました。

他の自治体が発信力強化に力を入れていることに感心しました。

わが町も、追いつけ、追い越せ。

懇談会で、印象に残ったお話しとしては、

○全国の自治体が必死になってシティプロモーションを進めている。馬力が必要だ。
  何を売り出したいのか、そのポイントは何か。見極めが大事。
  プロの力を借りる必要がある。

○面白いばかりでもダメ。自分たちが伝えたいことを見つけること。
  ツイッターなど受動的メディアが多くなった。

○役所のコンテンツは面白くない。

○地域資源をどう見つけるか。よそ者、若者、ばか者の目が必要。
  ストロングポイントは、何か。

○インバウンドでも、都会からの誘客でも、地域の良さを感じてもらうこと。
  外国人に合わせる必要はない。

塚越会長の講演は、ご自分の経験に基づくお話しで説得力がありました。

○会社は、利益を上げるために働くのではなく、みんなが幸せになるためだ。

○美しいことが大切。
  見苦しいものは取り除く。
  古くて人工的なのもが一番ダメ。

○いい関係ができても、大企業や役所は、担当が変わると元へ戻ってしまう。

○ファンをつくること。
  尊敬されるようにならねば。

○役所は、性悪説に立っている。余計なチェックをしたり、結局お金もかかる。

○いい形で次世代にバトンを渡したい。目的や理念を変えてはいけない。
  戦略、戦術は時代によって変わっていくもの。


私は、やや自虐的に、当町は今まで移住定住対策はやってこなかった。
良い政策をすれば結果はついてくると思ってきた。
でも、それだけでは通用しない面が出てきた、ということを申し上げました。

b0177596_8172733.jpg
b0177596_8174745.jpg

[PR]

by ja0hle | 2015-06-14 08:17 | 中京箕輪会 | Comments(0)
line

中京箕輪会


by 中京箕輪会事務局
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31