上伊那地域おもてなし向上プロジェクト実行委員会設立

上伊那検定 実施へ
上伊那地域おもてなし向上プロジェクト実行委員会設立

広域的に住民を巻き込んだおもてなし向上につなげようと、地域資源を活用した上伊那検定が平成29年度をめどに実施されることになりました。

上伊那地域の商工団体や観光団体などが参加するおもてなし向上プロジェクト実行委員会が30日設立されました。
県や上伊那の市町村、商工団体や観光関連団体など34の団体で組織されます。
伊那合同庁舎で設立総会が開かれ、事業計画などを決めました。
上伊那地域おもてなし向上プロジェクト実行委員会は、広域連携部会、事例集・ツアーコンテスト部会、上伊那検定部会の3つの部会で構成されます。
上伊那検定は、上伊那検定部会が検討を進めます。
検定は、地域住民のおもてなしの意識を高めようと歴史や文化、経済などに関する試験を行うものです。
実施時期は、平成29年度、受験者数は、100人以上、合格者数は、70人以上を確保するという具体的な数値目標を定めています。
このほか、事例集・ツアーコンテスト部会は、おもてなしに関する事例をとりあげ情報発信のあり方を検討するほか、地域の自然、歴史、食などを活用したツアーコースのコンテストの実施を検討します。
30日は、おもてなしの事例発表として、伊那市長谷の「蔵の宿みらい塾」の女将、市ノ羽幸子さんが「ためしてみて!農家民泊」の演題で講演しました。




放送日:2014年10月30日(木曜日)
[PR]

by ja0hle | 2014-11-02 08:34 | 中京箕輪会 | Comments(0)
line

中京箕輪会


by 中京箕輪会事務局
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31