箕輪町のJA上伊那箕輪果実選果場

早生種「幸水」「つがる」選果始まる
b0177596_9515582.png


 箕輪町のJA上伊那箕輪果実選果場で、秋の味覚、梨とりんごの選果が25日から始まりました。
 この日は、職員などおよそ30人が、梨とりんごの選果作業に追われていました。
 出荷が始まったのは、早生種の梨「幸水」とりんごの「つがる」です。
 JA上伊那によりますと、今年は、大型の台風がいくつか上陸したため、実の落下や生育不良など心配していたということですが、被害も少なく、順調に育ったということです。
 去年の梨の出荷量は、凍霜害による被害が大きく例年に比べて5割ほどに落ち込んだということですが、今年は、梨、りんごとも例年並みか、それ以上になるということです。
 初日のこの日は、上伊那地域の農家から梨とりんごが選果場に持ち込まれ、機械と人の手を使って大きさや色づきなどを選別し箱詰めしていました。

 JA上伊那では、今年の「幸水」の出荷量を2万5千ケース、「つがる」の出荷量を5万ケースと見込んでいて、主に中京や東京方面に出荷されるということです。
 選果作業は11月末まで続くということです。


b0177596_952163.jpg


放送日:2014年8月25日(月曜日)
b0177596_9522778.jpg

b0177596_9525553.jpg

[PR]

by ja0hle | 2014-08-27 09:52 | 中京箕輪会 | Comments(0)
line

中京箕輪会


by 中京箕輪会事務局
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30