外来種ブラックバス釣り大会箕輪町の天竜川で開かれました

外来種ブラックバス釣り大会
外来種ブラックバス釣り大会箕輪町の天竜川で開かれました
b0177596_11173024.png

 天竜川での増加が懸念されている北米原産の淡水魚、ブラックバスの生態調査を兼ねたバス釣り大会が18日、辰野町から箕輪町の天竜川で開かれました。
 大会には、上伊那を中心に県内外からおよそ40人が参加しました。
 ブラックバスは、特定外来生物に指定され、日本の侵略的外来種ワースト100にも選ばれていて、天竜川でも増加しています。
 天竜川漁業協同組合によると、アカウオなどの在来種に影響が出ているということです。
 大会に参加した釣り客は「バスは、引きが良いので楽しさはあるが、リリースしないなどマナーを守って欲しい」と話していました。
 増加の原因は釣りを楽しむための密放流によるものと考えられています。
 この日は、バスが産卵期を迎えていて、動きが少ないことや、水温が低いという悪条件ではありましたが、辰野町を中心に全体で80匹、およそ32.5キロのブラックバスが釣り上げられました。
 大会の結果、最も多く釣った人で4キロ、最も大きかったバスは42センチでした。
 釣り上げられたバスは岡谷市の水産試験場に持ち込まれ、解剖して食性などを調べるということです。

b0177596_11181838.jpg

[PR]

by ja0hle | 2014-05-31 11:18 | 中京箕輪会 | Comments(0)
line

中京箕輪会


by 中京箕輪会事務局
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30